【都会の生活に疲れた】田舎暮らしを考えているあなたに伝えたいこと

どうも、shoです。

 

みなさん、都会の生活や仕事に疲れて「田舎に住みたい!」と思ったことはありますか?

 

都会で生活していると疲れるし、自然の中で暮らしたい・・・

 

そう思う方もいるかもしれませんね。

 

実は、都会より田舎の方が生活は大変です。

なぜなら、都会より田舎の方がインフラ整備があまり整っていないからです。

 

この記事では、田舎暮らしの正直な話を書いていこうと思います。

 

記事を読み終えると、田舎暮らしの現実が分かります。

 

よければご覧ください。

 

スポンサーリンク

田舎はマジで大変です

 

最近よくメディアなどで「地方移住」が取り上げられていますよね。

都会生活に疲れた社会人が、意を決して田舎に引越して生活していくようなやつです。

 

すごく憧れますよね。

僕も昔はそうでした。

一時期、人間関係が全部嫌になってどこか人気の少ない田舎に住みたいと本気で思いました。

 

でも現実はそんなに甘くないです。

 

僕はお盆とかお正月に田舎の祖母の家によく帰省していたので、その時の様子を思い返してみたんです。

改めて振り返ると、

 

ほんまに田舎は不便やな・・・

 

と思いました。

 

特に下記の項目3つは田舎暮らしの大変だと思うものです。

 移動が大変

 虫が多い

 通信が遅い

以下解説していきます。

 

スポンサーリンク

田舎は移動が大変

 

田舎は交通の便があまり機能していないので、車が絶対に必要です。

 

もし1人で暮らすなら1台で十分ですが、家族で暮らすとなると人数分必要になってきます。

一家に1台じゃないですよ。

家族全員分の車が必要です。

 

すると車の維持費がすごく掛かってきます

ガソリン代だけでも月に2万以上は掛かってくるのではないでしょうか?

ちなみに都会暮らしの自分は、月の車のガソリン代は8千円です。

 

田舎の祖母の家は車がたくさん置いてあります。

家の庭がディーラーみたいになってます(笑)

でも車がないと生活できませんからね。

 

田舎は「虫」が多い

 

虫が苦手な人であれば、田舎暮らしは向いてないでしょう。

慣れれば問題ありませんが・・・。

僕も虫は苦手なので、田舎暮らしには向いてません。

 

特に夏になると「蚊」がたくさん発生するので、マジでキツイです。

最高で10箇所は刺されてきました。(自慢)

お盆に田舎に帰省すると、必ず蚊に刺されます。

蚊に栄養を与えるために帰省しにいっているようなもんです。

 

あとはG様もよく出現します。

 

G様

あ、どうも。ご無沙汰してます。ちょっと通っていきますね!(カサカサカサ

 

こんな感じでよく出てきます。

 

田舎は通信が遅くなる

 

スマホの通信は遅くなります。

3大キャリア(docomo・au・SoftBank)に入っていれば問題はないですが、格安simの場合だと通信が遅くなります。

格安simに変えても、田舎で恩恵はそんなに受けることができないです。

 

なので3大キャリアに乗り換えて通信を早くしても、固定費が高くなってしまうので家計を圧迫してしまいます。

田舎で暮らすとお金は安く住むと思われますが、実際はインフラ部分でお金が掛かってきます。

 

田舎にも良いところはある

 

デメリット的な要素をたくさん書きましたが、良いところもあります。

都会にはないものも田舎にはたくさんあります。

 

それは下記の3項目です。

 田舎は空気が綺麗

 時間がゆっくり流れる

 自給自足の生活ができる

以下、解説していきます。

 

田舎は空気が綺麗

 

都会は交通量が多いので空気が綺麗とは言えないでしょう。

 

でも田舎は空気が綺麗です。

空気が綺麗なので夜空の星も綺麗に見えます。

あとは周りに街灯や光っているものがないので、よく星空が見えます。

 

時間がゆっくり流れる

 

都会の生活は何かと時間に追われます。

でも田舎で過ごしていると時間がゆっくり流れている感じがします。

人間は誰しも1日24時間を与えられていますが、田舎の時間はちょっと長く与えられている感じです。

時間に追われるストレスは都会に比べて比較的少ないでしょう。

 

自給自足の生活ができる

 

都会で畑を持つことは難しいですが、田舎は土地が広いので畑を持つことができます

そうすると自分で畑を耕し農作物を育てることもできます。

 

農作物を育てれる知識があれば、食うに困りません。

自分で育てたものを自分で食べるのも良し、売るのも良し、ご近所に配ってお返しをもらうのも良しです。

 

畑を1つ持っていれば、仕事にも困らないので老後のボケ防止にも期待ができます。

実際畑仕事をしている祖父祖母もかなり元気です。

都会で暮らしている僕の方が何かと体調を崩したりしてます。

土は人間にエネルギーを与えているのでしょうね。

 

まとめ:自分にとってより良い場所に住もう

 

都会で長いこと暮らしていると、精神的に疲れたりします。

そんなときは田舎暮らしに憧れを抱くのですが、実際田舎も都会にはない大変さがあります。

 移動は大変

 虫がたくさんいる

 通信は遅い

 

他にも大変なことはたくさんあります。

  • ご近所付き合い
  • 家のメンテナンス
  • 給料が発生しない草むしり
  • 自治会の参加

 

とくに田舎は人気が少ないのに、ご近所の監視の目が行き届いています。

何か仕事で変わったことをすると、すぐに噂が広がり叩かれたりすることもあります。

 

しかし都会は人こそ多いですが、周りの人へ関心を持たない人がほとんどです。

都会のマンションに住んでいる人は、上の階の住人が仕事を何しているか知らないですもんね。

いい意味で都会の人は無関心です。

 

田舎で暮らそうと考えている人に少しでも参考になればと思います。

 

Catch you later!

 

スポンサーリンク
フォローしていただけると更新を見逃しません