【レビュー】JASONMARKKを使ってみた感想【スニーカーを手入れして靴代を節約しよう】

どうも、shoです。

今回、ぼくが愛用している道具、「JASONMARKK」について紹介しようと思います。

こちらの商品、スニーカーの汚れをキレイに落とせる道具で、スニーカーが好きな方は、ご存知ではないでしょうか?

ぼくもかれこれ、5年以上こちらの「JASONMARKK」を使用しているので、とてもお気に入りの商品です。

最近、ぼくが履いているスニーカーが汚れてきたため、ちょうど良いかと思い、こちらの記事で「JASONMARKK」を使っている様子をお届けしたいと思います。

スニーカーの汚れが気になっている方は、ぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

なにはともあれ、まず比較

上が「JASONMARKK」を使って、手入れしたスニーカー。

下は何もしていないスニーカーです。

一目で見て分かる通り、かなり違いますね。

ぼくはスニーカの手入れをこまめにしないタイプなので、汚れは長い間、放置気味でした。

それでも「JASONMARKK」を使えば、8割ぐらいはキレイになります。

 

スポンサーリンク

さっそくお手入れ開始!

その前に、まずは汚れの状態を確認。

 

 

 

 

いやぁ〜、ずいぶん汚れていますね。

こんなにほったらかしにしていて、ごめんよ。

いつも仕事や外出ができるのは、スニーカーちゃんあってこそなので、大切にしなければいけません。

では、さっそくお手入れ開始!

 

1.ボウルに水を張る

まずはお水の用意です。

ボウルを用意して、その中に水を張りましょう。

 

2.ブラシを濡らす

用意したボウルのお水で、JASONMARKK付属のブラシを濡らします。

ブラシを濡らすことで、泡立ちが良くなります。

 

3.ソリューションをつける

JASONMARKKでは洗剤のことを「ソリューション」と呼ぶらしいです。

かっこいい呼び方ですね。

濡らしたブラシに、ソリューションを数滴垂らせばOKです。

つけすぎには注意しましょう。

ほんの数滴だけでも、泡立ちが良いですよ。

 

4.汚れた箇所を磨いていく

ぼくのスニーカーは全体的に汚れていたので、全体をブラッシングしていきます。

おりゃおりゃ。

 

5.乾いた布で拭き上げる

スニーカーを磨き終えたら、あとは乾いた布で拭き上げて、乾かすだけ。

拭き上げても、まだ汚れがついている場合は、1に戻ってこの工程を×1〜5を目安にすればOKです。

まだ汚れていたので、ぼくはもう一度みがきました。

お疲れさまでした^^

 

で、仕上がりはどうよ?

なんということでしょう。

あんなにも黒ずんでいたスニーカーが、キレイに仕上がりました!

 

 

 

 

完璧に真っ白にすることはできませんでしたが、8割ぐらいはキレイになったので、たいへん満足です。

スニーカーがキレイになったので、明日から気持ちよく外に行けそうです^^

 

JASONMARKKを使うメリット、デメリット

ぼくが5年も使用している「JASONMARKK」ですが、5年使い続けたからこそ見える、メリット、デメリットをお伝えしようと思います。

それが下記のとおりです。

○メリット

  • スニーカー代を安く済ませられる
  • 水で洗わないので、圧倒的に乾くスピードが速い
  • 大体のスニーカーは、これ一本でカバーできる
  • 天然成分配合だから、肌にも安心
  • 道具もオシャレでいい香り

○デメリット

  • 値段が少し高い
  • 靴の中は洗えない
  • ブラシが固め

 

メリット

  • スニーカー代を安く済ませられる
  • 水で洗わないので、圧倒的に乾くスピードが速い
  • 大体のスニーカーは、これ一本でカバーできる
  • 天然成分配合だから、肌にも安心
  • オシャレでいい香り

なんといっても、スニーカー代を浮かせられることが最大のメリットだと、ぼくは思います。

たとえば、スニーカーが汚れてきたら、その都度新しいスニーカーを買う人がいますよね。

しかし、これではお金は貯まりません。

一つのものを大切に、長く使ってこそお財布にも優しいというものです。

JASONMARKKを使って手入れしていけば、スニーカーを大切にする意識が芽生えるので長持ちします。

ぼく自身はこれ一本で、3年間スニーカーを履き続けたことがあります笑

そして、スニーカーを手入れするときは、水を全然使いません。

水をジャブジャブ使うことがないので、水道代も浮かせられますし、手入れが終わったあとの乾く時間もかなり早く圧倒的です。

お金と時間、両方をJASONMARKK1本でカバーできるのが良いですね。

また、大体のスニーカーはJASONMARKK一本でお手入れできるという優れものです。

これが何気にかなりすごいです。

毎スニーカーごとの素材に合わせて、手入れする道具も選ばなくていいので、手間がかかりません。

あとはJASONMARKKは、天然素材でできているので、肌荒れの心配もありません。

そのおかげで素手で手入れができるので、手袋をしなくて済みます。

パッケージのデザインもかっこいいので、下駄箱に飾っていても違和感はありません。

そして、人によって好みは変わりますが、ソリューションの香りもいいです。

注意点としては、ソリューションのつけすぎには気をつけましょう笑

 

デメリット

  • 値段が少し高い。
  • 靴の中は洗えない
  • ブラシが固め

JASONMARKK、一本のお値段が少し高いです。

だったら、新しいスニーカーの足しにすればいい。

しかし、新しくスニーカーを買うより安いし、JASONMARKKを使えばスニーカーのもちがかなり伸びるので、コスパがいいです。

靴の中、中敷き部分は洗えません。

あくまで靴の外側しか洗えないので、そこが一つ難点ですね。

靴の中は臭くなりがちなので、消臭スプレーするしかなさそうです。

あと付属のブラシが結構固めなので、スニーカーの素材によってはキズがついてしまうかもしれません。

なので気になる方は、毛先の柔らかいブラシを別途購入する必要があります。

 

まとめ:JASONMARKKはスニーカーお手入れの味方

いかがでしたか?

JASONMARKKを一本もっていると、ほとんどのスニーカーを手入れすることができます。

また、スニーカーの汚れをほぼ落とすことができるので、長持ちもしますし、経済的にも優しい効果があります。

コスパもよく価値のある商品なので、スニーカーのお手入れをしたい方は、ぜひ一本お手元に置いておくことをおすすめします^^

Catch you later!

スポンサーリンク
フォローしていただけると更新を見逃しません