【要約&レビュー】金持ち父さんの投資ガイド[入門編]投資力をつける16のレッスン

  • 2021年3月29日
  • 2021年10月20日
  • 書評

どうも、shoです。

 

今回はこちら▼

 

こちらの本を読み終えたので
僕なりの解釈をまじえて
わかりやすくお伝えします。

 

この本を読むと
「投資」という概念が
くつがえります。

 

なぜ僕たちが投資をしても
お金持ちになれないのか
その理由が書かれているので
気になる方はぜひ、
手にとってみてください。

 

スポンサーリンク

金持ちになりたければ平均的であることをやめる

 

まず僕たちが
お金持ちになれないのは
平均的だからです。

 

なぜなら、お金は
10%の人が90%の
お金を儲けているからです。

 

ちょっと分かりにくいですね。

 

ざっくりいうと
数少ない人間が世界のお金を
占めているからです。

 

たとえば芸能界を
イメージしてみてください。

 

そこには

  • 売れている芸能人
  • 売れていない芸能人

がいます。

 

売れている芸能人には
大きなお金が集まり、
売れていない芸能人には
お金が集まりません。

 

売れている芸能人をイメージ
してみたらわかると思いますが、
彼らは平均的でしょうか?

 

売れている芸能人は
平均的じゃないですよね。

 

明石家さ○まが平均的だったら
ゲレンデのベンツなんか
乗り回していません(笑)

 

これは投資の世界でも一緒で
平均的な投資をしていても
お金持ちにはなれないんです。

 

だから金持ち父さんは
金持ちになりたければ、

 

金持ち父さん
平均的であることを
やめなさい。

 

と言っています。

 

スポンサーリンク

ビジネスに強くなる

 

投資をするには
ビジネスに強くなくては
いけません。

 

理由は2つ。

 

  • 僕たちが投資するのは
    ビジネスだから
  • 最良の投資法は
    自分でビジネスを起こし
    そのビジネスを通して
    投資することだから

です。

 

株に投資すれば
それはビジネスに投資することに
なります。

 

不動産に投資すれば
それもビジネスに投資することに
なります。

 

だからビジネスに
強くならなければいけないのです、

 

これも平均的で
あることをやめる話に
つながってきます。

 

ほとんどの人は
個人で投資するので
これは平均的であり
お金持ちにはなれません。

 

でももし、自分が
ビジネスオーナーになって、
そのビジネスで投資を買うことが
できたらどうでしょう?

 

これは平均的ではないので
個人よりもはるかに
大金を稼ぐことができます。

 

どんな投資家になれば金持ちになれるか

 

結論
「洗練された投資家」になれば
お金持ちになれます。

 

3つのEを持っている投資家

 

3つのEとは

  1. 教育 [Education]
  2. 経験 [Experience]
  3. ありあまるお金 [Excess cash]

 

お金持ちになりたければ
この3つのEを
持たなければなりません。

 

お金をたくさん
持つだけじゃダメなの?

 

実はお金をたくさん持っていても
「教育」と「経験」がなければ
お金持ちとは言えません。

 

なぜなら教育と経験がなければ
お金を詐欺師やリスクから
守れないからです。

 

逆に教育や経験はあるけど
ありあまるお金がない場合も
お金持ちとは言えません。

 

まずは適切な金融教育を受けて
実社会で経験を増やし
ありあまるお金を手に入れる。

 

これがお金持ちになる
スタートラインになります。

 

日本の公教育では
適切な金融教育がないため
お金持ちのスタートラインにすら
立てないのが現状です。

 

洗練された投資家になるための5つのステージ

 

洗練された投資家になるには
5つのステージがあります。

 

  1. 投資家になる
    心構えができているか
  2. どのタイプの
    投資家になりたいか
  3. しっかりした
    ビジネスを作り上げる
  4. 洗練された
    投資家になる
  5. 富を還元する

 

この5つのステージは
お金持ちの誰もが通ってきた
道です。

 

ビル・ゲイツ
ウォーレン・バフェット
トーマス・エジソン
など

 

この道をたどって行くと
お金持ちになります。

 

5つのステージとか
めんどくさいから
もっと楽で良い方法ないの?

 

こんな感じに
思われるかもしれませんが
正直、楽に金持ちになる
方法なんてないんですよね(笑)

 

金持ち父さんの16の投資家レッスン

 

この本には投資家になるための
16ものレッスンが詳しく
書かれています。

 

量がものすごく多いので
個人的に大切だと思うところを
ピックアップします。

 

レッスン1:道を選ぶ

 

選択肢が3つあります。
どれがいいですか?

 

  1. 安心していられること
  2. 快適であること
  3. 金持ちであること

 

ほとんどの人は
お金持ちになりたいのに
安心と快適を選びます。

 

なぜなら
金持ちになる途中で
不快さや不安を感じるなら
金持ちになんかならなくてもいいと
思っているからです。

 

人間、安心して快適に
過ごしたいものです。

 

なぜなら、人間はそのように
つくられているからです。

 

でもお金がなければ
安心や快適さといったものは
保証されません。

 

金持ちなら、
安心と快適も手に入ります。

 

逆に貧乏は
安心と快適を先に求めて
お金を後回しにします。

 

レッスン2:コインの裏表を見る

 

ほとんどの人は
コインの一面でしか
ものごとを見ません。

 

つまりお金が充分にない
世界でしかものごとを
見れないのです。

 

え?そもそも
お金ないじゃん

 

はい、このマインドがお金を
遠ざけているのです。

 

なにもスピリチュアル的な
ことじゃないですよ。笑

 

突然、宝くじに
当選した人が大金を失うのも
お金のない世界だけを
見てきただけだからです。

 

たとえば

 

ウヒョー!当選した!
家と車を買うぜ!

 

と言っている人は
コインの片面でしかものごとを
見れていません。

 

でも金持ちは

 

どうやったら
もっと増やせるだろう?

 

というふうに
コインの裏面で考えます。

 

つまりお金持ちが
宝くじに当選したら
貧乏の人が浪費ばかりする
ようにではなく、
それを元手にして増やしていく
世界を見ています。

 

つまり大切なことは
頭でお金のことをきちんと
考えることです。

 

一方的なマインドでは
両方の世界を見ることは
できません。

 

金持ちになりたければ、
お金持ちはどのような
世界を見ているのか
知らなくてはいけないのです。

 

レッスン3:なぜ投資はわかりにくいのか

 

投資って
分かりにくいですよね。

 

それもそのはず。

 

ひと口に投資といっても
テーマが大きすぎるからです。

 

投資って聞くと
株式や不動産を
イメージしますよね。

 

でも株式や不動産の中にも
たくさんの種類があります。

 

  • 普通株
  • 優先株
  • 新株引受権
  • 小型株
  • 優良株
  • 転換株
  • ハイテク株
  • 工業株

 

その他もいろいろあり
不動産もこれと同じです。

 

これらは種類も違うし
1つ1つ異なった目的があるため
投資が分かりにくいのです。

 

また投資手法にも
いろいろあるので、
投資の種類と投資手法の
掛け合わせで何通りもあります。

 

これが投資を分かりにくく
している理由でもあります。

 

だから投資の全てに
精通してる人って
いないんですよ。

 

もしあなたが
投資をしようとして
アドバイスしてくる
人がいるとします。

 

するとアドバイスする
人によっては、

 

投資するなら
株式が一番良いよ!

 

いやいや投資なら
不動産だよ!

 

と別々の意見が
出てくるんですよね(笑)

 

だから投資って
分かりにくいのです。

 

レッスン4:投資はプランだ

 

投資をする際
プランを立てる必要があります。

 

なぜなら
プランを立てなければ
自分の到達する目的地が
分からず迷子になるからです。

 

たとえば、
最近の話題であったのが
「老後2000万円問題」
でしたよね。

 

政府は

 

政府
年金だけじゃ
お前らの老後の金、
足りねーから
個人でも積み立てとけよ

 

ということで
ぼくたちに貯金だけでなく
投資もするようにススメてきました。

 

それが国が推奨している
「つみたてNISA」や「iDeco」
といったものでしたよね。

 

つまり老後の投資プランに
ピッタリなものは
「つみたてNISA」や「iDeco」という
手法なんです。

 

もし老後のことを考えただけで
プランを立てず投資しようとすると
成果を出すのに時間がかかったり、
お金を失くすリスクもあります。

 

つみたてNISAを無視して
ギャンブル性の高いFXで
老後のお金を蓄えるという
プランもおかしいですよね(笑)

 

なので投資をする際には
はじめにプランを立てる
必要があります。

 

  • 老後の蓄えが欲しいのか
  • 毎月の配当金が欲しいのか
  • 家賃収入が欲しいのか

 

投資のプランは個人によって
異なります。

 

レッスン5:言葉が人を金持ちにする

 

僕たちが使ってる言葉は
およそ数千語です。

 

その数千語を自由に使い
日々の生活を送ります。

 

ここで自分が仕事場で
話している言葉を
イメージしてみてください。

 

おそらくその職場でしか
通じない専門用語を
たくさん話していませんか?

 

保育士なら

  • 驚愕反射
  • 愛着
  • 月案指導計画

 

これらの言葉の意味や内容を
保育士なら理解できますが、
他の人は分かりません。

 

野球選手なら

  • セ・リーグとパ・リーグ
  • 悪送球
  • パーフェクトゲーム

 

野球を知らない人は
この言葉の意味を知りません。

 

つまりお金持ちに置き換えると、
金持ちの人はお金に関する言葉を
たくさん知っているのです。

 

なのでお金の世界で
成功したいなら
まずお金に関する語彙を
増やさなければいけません。

 

保育士の世界で成功したいのに
保育の専門用語を知らなければ
話になりませんよね。

 

イチローが野球で成功しているのも
まず野球の言葉を知っているからです。

 

日本で暮らすなら日本語
アメリカで暮らすなら英語
郷に入れば郷に従えです。

 

レッスン6:単純なプランを守り通す

 

投資で大切なことは
単純なプランを
守り通すことです。

 

でもほとんどの投資家は
儲けられていません。

 

なぜなら彼らは
ドキドキするような
ドラマチックな展開を
望んで儲け損なっているからです。

 

かんたんに言えば、

 

今日買った株が値上がりして
めっちゃ儲けたわ!
他の奴らより成果出してるし
俺ってスゲーわw

 

こんな感じで
他の人より知識が上だと
優越感に浸る人です。

 

でも1週間後には
その儲けたお金をなくしています。

 

金持ち父さんいわく

 

そんなん
投資家じゃないよ

 

と言っています。

 

真の投資家は
一喜一憂するのではなく
ただ単純に、機械的に
投資しています。

 

要は退屈な作業なんです。

 

この場合、つみたてNISAが
良い例えかもしれませんね。

 

毎月一定額を
コツコツつみ立てて
一喜一憂することなく
機械的に単純に
10年20年と続けていく。

 

このスタイルこそ
本当の投資家の姿なんです。

 

ちなみにつみたてNISAに
限ったことじゃないですよ。

 

不動産で結果を出したら
そのやり方で淡々と
こなしていくだけです。

 

小さな苗木を何十年とかけて
大きな木に育てていく。

 

はやく成長させようと
肥料や水を大量に与えたり
苗木をひっぱったりせず、
ただ木の成長にまかせる
と言ったところでしょうか。

 

レッスン7:自分に合ったプランを見つけ出す

 

じゃあ投資のプランって
どう見つけ出せば良いの?

 

これに関しては
自分が最終的に
どうなりたいかです。

 

労働から解放され
なおかつ経済的に困らないように
なりたいと思ったら
そこにたどりつくまでの
投資プランを練り出せば良いのです。

 

もし分からなければ
誰かをモデルにして
その人をマネをしてもいいですね。

 

じっくり時間をかけて
考えることが大切です。

 

考えが出たら今度は
投資のプロに相談です。

 

また自分がなりたい姿を
すでに成し遂げている人に
相談するのも一つの手です。

 

そんなん周りにいねーよ

 

という人は本屋にいくことを
オススメします。

 

アドバイスをもらえたら
今度はチームを作ります。

 

具体的なチームメンバーは
以下になります。

 

  • 銀行員
  • 会計士
  • 弁護士
  • ブローカー
  • 会計係
  • 保険代理店
  • 既に成功している「よき師」

 

投資をしようとすると
なぜかほとんどの人は
1人でやらなければならないと
考えます。

 

でもロバート先生は
「投資はチームスポーツだ!」
と言っています。

 

チームスポーツなら
1人では勝てないです。

 

1人 vs 11人で
サッカーをしても
勝てないですよね。

 

「投資でお金を儲ける」とは
これだけのことをしなければ
ならないのです。

 

レッスン8:将来どうなりたいか決める

 

レッスン1で
3つの選択肢が
ありました。

 

  1. 安心していられること
  2. 快適であること
  3. 金持ちであること

 

ロバート先生は
「金持ちであること」と
選択しました。

 

でも金持ち父さんは
ロバート先生に

 

金持ち父さん
会社に就職した方が
給料はいいし
快適で安心だぞ?

 

といいます。

 

まるで貧乏父さんのように
いいます(笑)

 

でもロバート先生は
「金持ちであることだ!」と
いいます。

 

でも金持ち父さんは

 

金持ち父さん

分かってないな。
君のような人間は
安心と快適がどんなものか
分かってない。
だから金持ちに
なれないんだよ。

 

ロバート先生を
ぶった切るような感じで
金持ち父さんは言います(笑)

 

つまり金持ち父さんが
言いたかったことは
安心で快適を手に入れるのための
投資プランを立てることが
大切だと言います。

 

そして金持ちになるプランを
持つことが大切だと言います。

 

かんたんに言うと
一生お金に困らないプランです。

 

そのためには自分に
アドバイスしてくれる
アドバイザーを見つけて
多くを学び、
はっきりした考えを持つことです。

 

世の中は選択肢が多すぎて
ほとんどの人は
プランを立てられずに
ゴールに近づけません。

 

でもプランを立てると
様々な可能性がでてきます。

 

ここでもう一度
3つの選択肢に戻ります。

 

  1. 安心していられること
  2. 快適であること
  3. 金持ちであること

 

お金持ちになりたいなら
これらはどれも全部重要なのです。

 

ほとんどの人は
1つのプランまたは
プランを持っていません。

 

だから1つのプランしか持たず
自分の可能性を狭めており、
質素で節約をしながら
貯金しかできない人が
たくさんいるのです。

 

レッスン9:どのプランにも支払うべき代価がある

 

東京から大阪へ行くとき
どの手段で向かいますか?

 

  • 飛行機
  • バス

 

どちらに乗っても
距離は変わらないですが
値段は格段に違いますよね。

 

ほとんどの人は
バスに乗り節約します。

 

でもお金持ちは
値段が高くても飛行機に
乗るんです。

 

この違い
何か分かりまか?

 

「時間」です。
お金持ちは
時間を買います。

 

バスなら半日かかりますが
飛行機は1時間で着きます。

 

ほとんどの人は
「貯金」「節約」に
力を入れますが、
たくさんの時間を浪費しています。

 

でも金持ちは時間を節約して
お金を使います。

 

金持ち父さんいわく

 

金持ち父さん

お金それ自体に
価値はほとんどないよ
だからお金が入ったら
価値のあるものに変える

 

といいます。

 

つまり価値のある時間に
お金を使うんですね。

 

もし金持ちになりたいと
思うなら時間に投資、
つまり勉強や教育の時間を大切に
しないといけないです。

 

レッスン10:投資が危険ではない理由

 

投資は危険!

 

と言っている人は
3つの理由があります

 

  • 投資家の
    訓練を受けていない
  • コントロールを
    失っている
  • 外側から
    投資している

 

例えば
車を運転するとき
教習所に行って訓練を受け
ハンドルを握り
車をコントロールしますよね。

 

でも投資の場合
ほとんどの人は
目をとじて、アクセル全開
ハンドルも握らないまま
投資をします。

 

大惨事ですよ(笑)

 

なので投資の訓練をして
コントロールできるように
なれば投資は危険ではないのです。

 

レッスン11:テーブルのどちら側に座りたいか

 

この図を見てください▼

 

これは「クワドラント」という
図です。

 

金持ち父さんは

 

金持ち父さん
左側に座りたいか?
右側に座りたいか?

 

と問いかけます。

 

金持ち父さん

最近の若い人は
一方の側だけ焦点を
合わせている

 

つまり、左側に焦点を
合わせています。

 

よく、大人たちは子供に
「大きくなったら何になりたい?」
と聞きますよね。

 

子供たちは

 

パイロット!

 

YouTuber!

 

などの職業を言いますが、
ほとんどが「左側」なんです。

 

つまり、従業員か専門家の
テーブルに座ることになります。

 

ここで問題なのが、
左側に座っている子たちが
大きくなるにつれて
自分で年金を用意しなければ
いけないのです。

 

世界はグローバル時代に入り、
会社は世界市場と競争しなければ
ならず、コストを削減していきます。

 

会社のコストの1つは
僕たちがもらう給料や年金です。

 

つまり給料や年金は
カットされます。

 

これマジで
恐ろしくないですか。
てかもう、そうなっていますよね。

 

従業員や専門家は
こういったダメージを
もろに食らうので
先に投資家を目指すべきだと
金持ち父さんは言います。

 

レッスン12:投資の7つの基本ルール

 

まず投資は
競争じゃないことを
心得ましょう。

 

勉強してより良い投資家になる
ことに焦点をしぼります。

 

そしてこれが
投資の7つの基本ルールです。

 

  1. どの収入のために
    働いているか自覚する
  2. 勤労所得を
    ほかの所得に変える
  3. 勤労所得を
    安全に確保する
  4. 投資家自身が
    資産になる
  5. あらゆる事態に
    対して準備する
  6. 必要なお金を
    手に入れる
  7. リスクとウォードを
    評価する

 

詳しく知りたい方は
本を手に取ってみることを
おすすめします

 

 

レッスン13:ファイナンシャル・リテラシーがリスクを減らす

 

投資が危険なのは
投資家が危険だからと
お伝えしました。

 

投資を危険じゃないものに
するためには時間を投資、
つまり、勉強することです。

 

そしてビジネスについて
勉強しなければなりません。

 

なぜなら
僕たちが投資するものは
ビジネスでしたからね。

 

だから投資で成功している人は
ビジネスを把握しており、
上手くいっているビジネスオーナーを
見つけて投資します。

 

そして
ファイナンシャル・リテラシーを
身につけています。

 

ファイナンシャル・リテラシーを
身につけていれば、財務諸表が
読めて、上手くいっている
ビジネスを見つけ出すことが
できます。

 

レッスン14:簡単にわかるファイナンシャル・リテラシー

 

  • 損益計算書
  • 貸借対照表

 

この2つを読めるようになれば
上手に投資と付き合うことができます。

 

この2つはあまり
聞きなれませんよね。

 

かんたんに言うと

 

  • 損益計算書は
    「いくら儲かってまんの?」
  • 貸借対照表は
    「いくら借りてまんの?」

 

です(笑)

 

たくさんあるビジネスで
いくら儲かってまっか?
いくら借金ありまっか?
これがわかれば上手くいっている
会社が分かるのです。

 

レッスン15:間違いの持つ不思議な力

 

みなさんは自転車に
乗れますか?

 

自転車に乗れるのって
子供の頃にたくさん失敗して
転んだからですよね。

 

そして突然、ふとした瞬間に
魔法のように乗りこなせる。

 

これって失敗の
おかげなんですよ。

 

ビジネスや投資も
最初にやろうとしたとき
おそらく失敗します。

 

だから失敗したとき
そこから学ばないと
いけないんですよね。

 

失敗から学ぶ準備を
しておかなければなりません。

 

レッスン16:金持ちになるために支払うべき代価

 

金持ちになる方法は
いくらでもあります。

 

でもどんな方法でも
支払うべき代価があります。

 

例えば、人をだまして
金持ちにもなれますが
その人は、「信用」を代価として
金持ちになれます。

 

でも大切なことは
先ほどにも書いたように

 

  1. 教育 [Education]
  2. 経験 [Experience]
  3. ありあまるお金 [Excess cash]

 

に必要な時間を
支払わなければなりません。

 

16のレッスンを受けて真の投資家へ

 

ここまで読んでくれて
ありがとうございます。

 

かなり長くなってしまいましたが
各章の要点だけざっくりと
まとめました。

 

いや〜、すごいですね。

 

金持ちになりたい!
と思っても、そうかんたんには
なれないみたいですね(笑)

 

なぜなら、心構えから
取り組んでいなければ
ならないからです。

 

そして資本主義社会で
生き抜いていくためには
ルールを知っておかなくては
いけないと思いました。

 

でも逆を返せば、
心構えからしっかりと取り組み
ルールを把握していけば
誰でも金持ちになれる
チャンスがあるとも見れます。

 

ネイリストが真の投資家に
なれるのでしょうか?

 

道のりは険しそうですね(笑)

 

もっと詳しく読んでみたいと
思う人がいれば、
ぜひ手に取ってみてください。

 

めっちゃ面白いです

 

Catch you later!

 

スポンサーリンク
NO IMAGE
フォローしていただけると更新を見逃しません