【ニュースを見ない生活】情報に疲れているあなたへ

どうも、shoです!

みなさんお盆休みはリフレッシュできましたか?

お盆休みだったけど、連日コロナのニュースばかりで逆に疲れていませんでしょうか?(笑)

そんなときはまずテレビを消して情報を遮断しましょう。

そしてニュースに時間を使うのではなく、自分のために時間を使いましょう!

今回は情報に疲れている人たちへ向けて記事を書きます。

 

スポンサーリンク

ニュースは見なくても大丈夫

ニュースは見なくても大丈夫です。

何を言ってんだと思いますが、この記事に書いてあることを実践していけばニュースを見ずに必要な情報は取り入れることができ、ある程度は情報疲れを解消できます。

実際自分も1日の中でニュースを見る時間はほとんどなく、テレビも視聴していません。

そのおかげで情報疲れが全くなく、ニュースを見る時間を自分の時間に割り当てています。

ニュースを見なければ世間知らずになるのではないか?と思うかもしれません。

しかし世間知らずでも大丈夫です。

その理由を次の見出しでお伝えします。

 

スポンサーリンク

世間知らずでも大丈夫な理由

ニュースを見ずに世間知らずでも大丈夫な理由は、相手に質問ができ会話が弾むからです。

例えば自分の知らない時事ネタや知らないキーワードが会話の中で出てくるとします。

そしたらあなたは

あなた
〇〇って何?分からない。

こんな感じで心の中で思い笑顔で聞き流すかもしれません。

そこであなたはその話題を聞き流すのではなく、あえて

あなた
〇〇って何ですか?
ちょっと興味あるので教えてくれませんか?

こんな感じで質問することができるのです。

ほとんどの相手は快く教えてくれます。

それは興味をもって真剣に聞いてくれる人に教えるという行為は気持ちがいいからです(笑)

 

質問を掘り下げる

教えてもらっている最中にまた気になるワードが出てきたり、分からないことが出てきます。

そこでもまたあなたはあえて質問をし続けその質問をどんどん掘り下げていくのです。

要するにインタビュアーになりきるということです。

よく飲み屋のお姉さんや、ホストはこういった手法で仕事をしています(笑)

なので質問を続けていて会話が終わったとした場合、あなたは世間知らずではなくすでにその人から情報を手にしています。

その情報はもうあなたのものになり世間から取り残されるということはないのです。

 

世の中のニュースはほぼ必要ない

ついこの間、世間を騒がせたアンジャッシュ渡部さんの「多目的トイレ事件」がありました。

ワイドショーなどではこの話題で持ちきりの状態でした。

「あんな美人な奥さんをもらっておいて浮気をするのか」「子供も生まれたばかりなのに可哀想だ」などの声がたくさんありましたよね。

でもよく考えてみて下さい。

そのニュースってあなたの人生に1ミリも必要なくないですか?

芸能人のニュースだから耳に入るのは仕方ないですが、フタを開けてみればそれは他所様の家庭の問題であってあなた自身には何の影響もありません。

何の影響もないのにその浮気のニュースにあなたは時間を取られています。

コロナのニュースに関しても言える

連日ニュースでは「今日の感染者は〇〇人」と逐一に報道します。

過去最多感染者を記録〜、何百人を越した〜など。

自分からしてみれば「だから何?w」という感じでテレビを消します。

自分は感染者の増え方について知っているので、「今日の感染者は〇〇人」という報道を見ても怖気付く必要がないわけです。

感染者が増え続けるのは「指数関数的増加」というものがあるのでこれを知っておくと、感染者が増えも怖いという気持ちも多少はなくなります。

人間が活動を続ける中感染者は必然的に増え続けます。

おそらく何千何万と増えていくでしょう。

それは指数関数的増加というものがあるからです。

感染者の数が増えたという表面上の数字に怖がってニュースに時間を取られるのではなく、なぜ感染者は増え続けるのか?増え続けるわけにはどういう理由があるのか、それを調べたり考えたりすることに時間を使うべきです。

だから「今日は感染者が〇〇人」というニュースを見てもあなたの人生には何の影響も必要のない情報なのです。

 

恥はかいてもいい

ニュースについて知らなければ「そんなことも知らないの」と揶揄されるときもあります。

でも大丈夫です。

興味を持ったフリをして笑顔で質問していきましょう。

相手は気持ちよくなり、そして詳しく教えてくれます。

そしてあなたは会話を弾ませるように質問していき、雰囲気を作っていきます。

大切なのは情報を知っているかではなく、相手と楽しくコミュニケーションをとるということです。

 

Catch you later!

スポンサーリンク
フォローしていただけると更新を見逃しません