劣等感で苦しい思いをしてる人へ【過去の自分と比べよう】

どうも、sho(@2105_sho)です。

 

みなさんは、他人と自分を比較して劣等感を抱き、苦しい思いをしていませんか?

 

いらすとや
あの人より、自分の方が劣っていて辛いなぁ・・・

 

実はこの劣等感、「過去の自分と比べる」ことで、劣等感からくる苦しさを軽減することができます。

 

なぜなら、この劣等感の苦しさは「他人との比較」から生まれるからです。

 

この記事では、劣等感で苦しい思いをしたときにどう対処していけばいいか、これを解説していきます。

 

この記事を読むと、劣等感からくる苦しい思いをなるべく減らすことができます。

 

結論は「他人と比べず、10年前の自分と比べる」です。

 

よろしければご覧ください。

 

スポンサーリンク

劣等感で苦しい思いをしてる人へ

 

劣等感は

  • 自分の近くにいる他人
  • 画面越しに出てくる有名人

このような人たちと自分を比べてしまうときに生まれます。

 

たとえば、自分の年齢と同じ、

  • 芸能人
  • スポーツ選手

こういった人たちと、自分を比べてしまうことですね。

 

また、身近な存在で言えば、

  • 同じクラスの人
  • 同じ年代の人
  • 同じ部活メンバー

など、そういったところでしょうか。

 

自分の周りに他者の存在があり、自分と他者を比較する意識があれば、劣等感は生まれやすいでしょう。

 

スポンサーリンク

人は比較が大好き

 

他者と自分を比較すれば、劣等感が生まれます。

かんたんな話、劣等感で苦しい思いをしたくないのであれば「比較はしない」

このような姿勢で過ごしていけば、それで済む話です。

 

しかし、人という生き物は比較することが大好きです。

今日買う野菜も、こっちのスーパーは10円安いけど、あっちのスーパーは10円高い、みたいな比較も無意識にしているわけです。

テレビに出ているあの子は可愛いけど、あの子はブーだなとか、心のどこかでちゃっかりそう思っています。

 

「比較はせずに生きていこう」なんて無理な話ですよ。

それこそぼくが学生のころ、英語の授業で「比較級」を習っていたとき、教科書の見出しに「人は比べるのが大好き!」みたいなことも堂々と書かれていたぐらいですからね。

文科省もちゃっかり認めちゃってるやん、というかんじです。

 

比較しないことはしない

 

これだけ人は比較することが好きです。

だからムリに「比較はしないように生きていこう」と決めつけていかなくても、いいとお思うんですよね。

だって比較しない人生ってつまらないですよ。

むしろ、もっと比較していかないと、自分の成長は止まってしまいますよと言いたいです。

 

ただ他者と自分を比べると、劣等感からくる苦しみも生まれます。

ではどうすればいいのか、次で詳しく解説していきます。

 

比較の対象を過去の自分に向ける

 

他者との比較で劣等感が生まれそこで苦しむのであれば、比較対象を「過去の自分」に向けてあげるのはいかがでしょうか。

それこそ、

  • 5年前の自分
  • 10年前の自分

に目を向けて、今の自分と比較することです。

 

劣等感からくる苦しさは、他者より自分の方が劣っているという気持ちです。

しかし5年前の自分、10年前の自分から見て、今の自分は劣っているように見えるでしょうか?

おそらくそんなことはないはず。

 

この5年もの間に、きっとあなたは色々と

  • 経験
  • 知識
  • スキル

を増やしてきているでしょう。

過去の自分より今の自分の方が劣っているなんて、まずないと言ってもいい。

 

ぼく自身も過去から見れば、昔はしていなかったブログでの情報発信もこうやってするようになったので、成長したと言ってもいいでしょう。

読者のみなさんはどうでしょうか?

 

iPhoneも年々成長している

 

みなさんが使っているiPhoneも年々アップデート、成長してますよね。

それこそ今から10年前(2012年)のiPhoneは、たしかiPhone5が発表された年。

そこから今日までアップデートを続けて、ぼくたちの生活に必要不可欠なものになっていきました。

 

天下のAppleも以前販売したiPhoneと比較して、今年はそれよりも機能をアップデートして開発していこうと考えて成長を続けています。

今年発表される新製品が、前よりも機能が劣るなんてことはほぼないです。

このような感じで、自分も年々成長を続けているものですよ。

 

まとめ:自分に目を向けて成長を実感しよう

 

今回は「劣等感で苦しい思いをしてる人へ【過去の自分と比べよう】」をお伝えしました。

 

人は比べることが好きな生き物です。

そして比べることで、人は成長していきます。

 

人と比べて劣等感で苦しむぐらいなら、比べることはしない。

これはムリな話です。

だって比べるのが好きな生き物なんですから。

 

大切なことは、比べる対象を他人ではなく、過去の自分にすることです。

過去の自分から見て、今の自分は劣っているか。

おそらくそんなことはないはず。

過去の自分より今の自分のほうが、知識・経験・スキルが増えている。

そう思えることができたら、劣等感からくる苦しさも軽減できて、なおかつ自己肯定感もUPしますよ^^

 

Catch you later!

スポンサーリンク
フォローしていただけると更新を見逃しません