リジョブというものに登録【自己PRに悩んだ1日】

どうも、shoです。

 

本日は、「リジョブ」というものに登録しました。

 

そもそも「リジョブ」ってなんなのさ。

 

説明しよう!リジョブとは、

株式会社リジョブ (REJOB Co.,Ltd.) は、美容・ヘルスケア・介護業界特化型の求人メディア事業や業界応援メディアの運営、CSV推進プロジェクトに携わるインターネットサービス企業である。

引用:Wikipedia

 

かんたんに言えば、美容やヘルスケアに特化した求人サイトです。

 

お、あの引きこもりのshoも、いよいよ社会に出て働こうとしているぞ。
これは生まれたてのキリンの赤ちゃんが、さっそく自分の足で立とうとしているのに似ています。
感動ものです。視聴率120%は間違いなしです。

 

スポンサーリンク

リジョブに登録するとスカウトされるっぽい

 

世の中、求人サイトってたくさんありますよね。
イン○ィードとか、リク○ートとか。

 

でもたくさんある中から、なぜぼくがリジョブに登録したのか。
それは、登録すると企業からスカウトされるからです。

 

これ初めて聞いたときに、ふつうにすごいと思いました。

 

えぇ!?
今の時代、自分から企業に応募するんじゃなくて、スカウトされるのかい!?
サ○エ!

 

世間知らずなんで今の時代、就職先を探す手法の1つとして、こうなっているとは知りもしなかったです。
まじで便利になりましたね。

 

しかもスカウトって聞いたら、なんか芸能人になれるような気分です。
もし、企業からスカウトされたら、友達に「私は選ばれた女優よ!ドヤッ!」ってやるんだ。

 

スポンサーリンク

自己PRがむずかしすぎる問題

 

さっそく、サイトに飛んで名前や住所を登録をしたんですが、1つ問題がでました。

 

自己PRの欄です。

 

・・・

 

ボク、シュウカツシタコトナイカラワカラナイヨ。

 

さっそくぼくの前に、壁が立ちはだかりました。
こういうものには慣れていないので、結局2時間ぐらいかけて仕上げました。

 

長所とか短所って、マジでどう書いていいか分かりません。
そういう長所とか短所って、人から言われて初めて気づくものじゃないですか?

 

たとえば、「shoって本当にかっこよくてマジメで、モテるよね」とか長所的なこと言われても、自分では気付きませんよ。

 

あれ、そうかな。自分ではふつうにしているだけなんやけどなー?^^って感じで、モテる人って普段こんな感じで気づいていません。

 

能ある鷹は爪隠しすぎて、隠した場所忘れるみたいな。

 

短所とかも誰かに言ってもらえるまで、気づかないままでいると思うんですよね。

 

だから今回、自己PRのところは誰も長所や短所をぼくに言ってくれないので、1人で悶々と考えていました。
自分を客観的に見ることって、むずかしいです。

 

Catch you later!

スポンサーリンク
フォローしていただけると更新を見逃しません